京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2014年12月14日

討ち入りましたが、あえなく撃沈

今日はとうとう京都検定の日ICON35

今朝はさすがに朝御飯作りをボイコットface03icon10
主人と早めに出掛け、乗り換えの池袋駅構内の「だし茶漬け・えん」にて朝食
ICON118鶏肉と青菜のお茶漬け

さらさら〜と頂きましたface02


そして御茶ノ水・明治大学リバティタワーへ
毎度代わり映えしませんがicon10記念にパチリICON141

会場内に入り、13階のフロアまで行く為にエレベーターの前へ。
その時、なんとな〜く後ろを振返って。はい、ほんとになんとな〜く振返って・・・
そうしたら、なんとすぐ後ろにNさんを発見ICON35

ええ〜〜〜〜っface08

お互いにびっくりしました。
頻繁に京都にも訪れてらして、かな〜りの京都通であるNさん。
「そのうち京都検定ご一緒にどうですぅ?」とは何回もお話したことはあるのですが、
まさか受験なさっていたなんて。

この間お会いした際も、そんなお話全然でしたのに〜。
私には内緒で京都検定にチャレンジしてみようと思っていたそうface06

でもそういうとき、いやそういう時に限って?
運命のいたずらでバッタリ遭っちゃうものなんですねぇ〜face02

しかも今年は実は主人も内緒で受験してましてicon10
「ええっ、ご主人もなの〜?」と。
双方共にリバティタワーのエレベーター前にて驚きビックリのお時間でした。

その後各々別の教室に散り、10時より三級の試験にトライして参りました。
私は予告通り試験終了15分前くらいに退出して、
すぐさま最後まで悩んだ一問を答え合わせ。


ふっ・・・


今年もやっちゃいましたよ。
最後の最後にわざわざ書き直して痛恨のミスICON93
今年も三級は念願叶わず〜でしたicon11


ICON118三級終了後、主人とカフェにてランチ

一緒に答え合わせをしました。

午後は主人は会社でお仕事。
私は一年越しの一級にトライICON35

こちらはもぉ〜撃沈で、悲惨な結果でしたICON62


ICON118一級終了後、Kさん&Yちゃんとカフェにて答え合わせ

苺のタルトとアッサムミルクティー・・・・
これも検定後の定番カフェメニューになりそうです。


三人で
「藤森神社、まさかの祭神だった〜」とか

「伝源頼朝と伝平重盛は覚えていたけど、三つ目、これ聞くかぁ?」とか

「えっ、今更後白河天皇?? それだったら2年前の『平清盛』の時に出してよ」とか

まぁ〜言い出すとキリがないのですが(^_^;)
今年は問題の出方がちょっと変わってきたな〜という印象。
一級は結構直球勝負的な問題の出し方が多かったと思うのですが
問題をきちんと読んで答えを導かないと勘違いをしやすいというか。
2級並みにひねってある出し方が増えたような
そんなことを三人で話し合いました。


あとな〜んか大河ドラマ系2年前(2012)の「平清盛」、6年前(2008)の「篤姫」絡みが目立ったような?
池坊550年祭だって2012年のこと。
もしかしてその年ボツになった問題を今頃持ってきた???
と思えるような。(気のせいでしょうがicon10個人的感想です)

論文で質問されていた「長講堂」も2年前なら書けた気がするICON46ううっ。
そして平滋子もすんなり書けた気がする。

平滋子・・・・
ほんと名前が浮かばなくて焦りましたっ(>_<)
「大河ドラマで成海璃子がやってた役、ほらほら〜」とテレビのことは思い出せるのに。

結局
あ・・・?
い・・・?
う・・・?
え・・・?
お・・・?
か行・・・・・・・・・・・、わ行までいって

「しげこ」だICON35と浮かんだのですが、最後まで漢字がわからず。
そして建○門院としかも思い出せず、仕方なく「平しげ子」っとひらがなまじりで書いてしまいましたface07

まぁ、これくらいのことはその年話題になったから覚えるというのではなく
一級一般常識として常に身に付けておかねばならないことなのかなicon10


他には「御所の弁天さん」⇒白雲神社
このブログでも載せたことのある神社。
伺った際の映像が鮮明に蘇り、「西園寺家邸宅跡」という木札や
○○神社と書いた赤旗がほらっ、ゆらゆら〜と風に揺れる映像ははっきりと浮かぶのに
その○○の文字が浮かばないICON46


過去問から書き出して単語帳にしていたのに書けなかった「御寺御所」⇒大聖寺
ここも入口までは行ったことがあり「花の御所」の石碑も写真撮ったのになっicon10


答えを聞けば、あっと思うような。
でも肝心の検定のその時は思い出せない、という色々と残念に結果に終わりました。

今年の一級は確かに難しかったように思うけれど、
きちんと勉強していた方は合格ラインいっているのかな〜と。

やはり私も受かった年はそこそこ極めていたように思いますし
今年の勉強具合はまだまだその地点には到達していなかったと思うので
それなりの結果が出たなという印象でした。


そんなこんなでヒートアップした答え合わせのお時間。
風邪をひいてからというもの、喉をかばって殆どしゃべってなかったので私にとっては久しぶりのトークTime。
ちょっと調子に乗って騒ぎすぎてしまったように思いますface03


横では2級を受験された(若い女性の)方が慎ましやかに答え合わせを二人でされていて・・・・
うるさくしてごめんなさいねicon10
この場をかりてお詫び申し上げます。


皆さんとお別れしたあとは池袋のデパート内にてお弁当購入。
ICON118魚三楼

夜もご飯作り放棄face03
今夜はもちろん京都のお店のお弁当にしましたICON60

帰り道、不運にもその直後に西武池袋線で事故があり、
結局改札で一時間くらい待ちぼうけになってしまった私。

お弁当買ってなかったらこの電車不通の間に、池袋のどこかで
主人と待ち合わせて外食・・・も出来たかもしれませんが。
ついてなかったなっ(^_^;)


一年で一番緊張してはらはらどきどきの一日。
結果は散々なものでしたけれど。
でも40も半ばのこの歳で試験にこ〜んなに熱くなれるなんてそうそうないこと。
なんのかんのいいつつ今回もすごく楽しかったICON35
今年も受験出来て本当に有り難いことだと思っています。
そして同じ気持ちを共有出来る仲間がいることに感謝ですicon06

皆様、来年もまた一緒に頑張りましょうicon21
京都商工会議所さま、来年もあっと驚く問題、期待してまーす。  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 23:45ひとこと

2014年12月13日

京都検定にむけて・その7

とうとう明日は第11回京都・観光文化検定試験ICON35ICON35
今から丁度24時間後には3級の試験がはじまりますicon10

前もってきちんと勉強を進めている方は前日でも動じないことと思いますが
あれもやらなきゃ、これもやらなきゃとやることがいっぱいありすぎて
(残りすぎてICON62)何から手をつけていいかわからないあなた。
塩原大明神から教わったとっておきの方法、お知らせしますface02

公式テキストの最後の部分
「索引」のページ(325〜334頁)の文字を「あ」から順に書き写すICON35


2.3級の方は眺めるだけでもいいと思います。
1級受験の方は書き記しながら
「“合鎚稲荷”・・・ふむふむ、あれだな」と思い出す。
思い出せなかったら、横にしるしてあるページをめくってテキストをもう一度読み返す。

この最後の10ページ。結構な量になり手強いですicon10
是非お試しください。


試験の会場に入ると周りの方々が皆さん“出来そう”な人に見えてしかたない。
特に1級受験の方なんて、2級を前年(もしくは過去に)合格された方ですから
それなりの“京都通”な方ばかり。

「わっ、あの方のテキストの使い込みよう、すごいっface08

「あの方のノート、とってもまとまってそうface08

・・・と周りの方が凄い方だらけに見えて尻込みしがち。
私もついついその雰囲気にのまれてしまうほうですface10

でもね、過去の合格率からいくと1級合格者は大体10%くらい。
会場の中の10人に1人しか合格しない。
つまり殆ど落ちるんだ〜ICON48と思うとなんかふと気が楽になったり。

それに京都検定は就職試験ではありませんし、周りは敵ではありません。
むしろ皆同じ志を持って頑張っている同士ICON35

敢えて敵がいるとしたら、それは気持ちの弱い「自分だーーーーicon09

明日は全力がつくせますようにICON120


厚かましく「京都検定にむけて」という題で一週間ブログUPして参りました。
読んで頂きありがとうございます。

明日の東京の天気予報は晴れ時々曇り、降水確率は10%、最高気温9℃、最低気温2℃
(因みに京都は曇り時々晴れ、降水確率20〜30%、最高気温7℃、最低気温2℃)
お天気も大丈夫そうで安心しました。



私の願いは・・・
「どうぞ私の勉強したところが出ますように」←せこいっface03


  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 10:00ひとこと

2014年12月12日

京都検定にむけて・その6

昨日丸一日ゆっくりしていたので、本日は熱も下がり調子も快復して参りました。
試験まであと二日。用心しながらも頑張らないとicon21


数年前に京都検定2・3級受験用に購入したものICON32
ICON118マークシート専用のシャープペンシルと芯、そして消しゴム

別に普通のシャープペンシルや鉛筆でもいいのですがicon10
「専用」という言葉に弱くて、こういう便利グッズについ手がのびてしまいましたface02
これで記入するときちんと答えが繁栄されそうな気がします。


試験当日、3級は10時から各会場にて諸説明がはじまり、
マークシートの答案用紙に会場や受験番号もろもろを書き込み、
少しおいて大体10時15分あたりから試験開始です。

私の場合、まずは問題をざっと解き、答えと思われるものに○。
問題用紙プリントの四択の中の番号に直接○をつけています。
(こうしておくとあとで何に○をつけたか自己採点する際に都合がよい)

一通り解き終えたら最初のページに戻り、もう一度ゆっくりと確認。
四択の四つの言葉を一つずつしっかりと見て品定め。
案外思い込みや早とちりで最後までよく読まずにパパッと答えを判断していることがあり
後でよく考えると「なんでこの答えにしてしまったんだろう」と後悔すること多し。
なのでこのときに本当にそれで間違いがないかどうか、
四つをしっかりとみることにしています。

そして再確認しながら答えをあとでマークシートに記入。


試験時間は90分。
つまり10時15分開始、11時45分終了の予定です。

試験が始まって退出可能時間になるまでの30分が勝負icon09だと思っています。
試験開始後30分経過したら2級・3級受験の場合、どんどんと人が退出していきますので、
結構気がちってしまって注意力が散漫になってしまいます。
だれも退出しないこの30分のシーンとした時間に、
いかに集中力を上げるかが決め手になってくると考えます。

マークシートの欄を私はついつい性格柄几帳面に塗りつぶしたくなり、
そうなるととても時間がかかるためあとまわしに。
マークシートに記入していきながら問題を解いていくという方法をとったら
私の場合この最初の30分では最後まで解ききれないからです。
はじめの30分で如何に冷静に100問目まで解けるか。
なのでこの方法で試験に取り組んでいます。

ゆ〜っくりと再確認しながらマークシートに書き込んで。
あとどうしてもわからない・どっちか迷う問題があるので考えること数分ずつ。

3級といえども結構ぎりぎりまでは粘っていますが、
最後はまた退出しては駄目な時間(10分だったかしら?)があり
そこまではさすがに粘れずに出てくるというのが通常のパターンです。


3級とは反対に1級受験は退出可能の30分が経過しても殆どの方が出ていきません。
そう、大体この90分では時間が足らない人が大抵だからですface03

たまに出ていっている人を見かけますが、そういう方はよほどのきれる方か、試験を捨てた方か、体調が悪くなった方?
と私は思っています。

90分の割り振りとしては、はじめの30分で記述式設問1〜5(1問2点配点)の50問と設問6と7。
飛ばし飛ばしでもわかるところは答案用紙にざっと書きこむ。

後半の8.9.10の設問。
論文で問われるのは大体3つなので、1つの設問に約10分かける計算。
論文で問われている5個もしくは6個のことをプリントに箇条書きしたらすぐさま文章にして書いていく。
下書きをする時間はありません。
文章構成は小学生並みのものでもいい。とにかく書く。ひたすら書く。

箇条書きした5つか6つの言葉を漏らさず盛り込みながら
とにかく150字以上200字未満。多すぎても少なすぎてもだめ。
なにがなんでも規定のことはやるICON35を心掛けています。

そして残りの30分で設問1〜7部分に戻り、わかるところからうめていく。
そんなこんなであっという間の90分を過ごします。

2.3級でも「えっface08」と思う問題はいくつかありますが
1級となるとそう思う問題が多々有ります。

困難な問題にぶちあたっても、それを引きずらない。きっぱり捨てる。
わかるところを確実に押さえる。
1級では20%(およそ15問)、2.3級では30%(30問)間違えても
合格は合格なのですから、この際開き直りましょうICON35

・・・・と偉そうに書きながら、実は自分に一番言い聞かせている私(^_^;)
本番は舞い上がってしまうのですよねicon10

言うのは簡単、実行するのは本当に難しいです。


というか今はブログUPするより勉強しなさいって話ですねicon10
やっぱり直前になっても熱が入ってない証拠face03
反省反省icon10  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 12:00ひとこと

2014年12月11日

京都検定にむけて・その5

11月の中頃から京都検定の試験勉強を開始して、
恐らくその間に1〜2回くらいは風邪はひくだろうなぁ〜とは思っていましたが
とうとう私も試験直前でひいてしまいましたicon11

ここ一ヶ月くらい喉の調子が悪くくすぶっていた主人。
本人は空気が乾燥していてそれで喉をやられただけだ、けして風邪じゃないICON35
といいはっていましたが、恐らく間違いなく「風邪」だと思いますface07

主人の風邪をもらわないようにと手洗い&うがいを怠らず、
常備薬の健康ドリンクをいつもより多目に飲んで対策していたのですが、やっぱり勝てなかった。

昨夜から頭がガンガン、目がとろ〜んとして、顔がほてり、
身体の節々が激しく痛く、悪寒もして明らかに風邪の症状。
勉強していてもさっぱり頭に入らず昨夜は早めに就寝。
今朝は主人をベッドの中から見送り、午前中10時くらいまでゆっくりと寝て、近くの病院へ。
昨夜は37.5℃あった熱もゆっくりさせてもらったお陰で平熱に戻りました。

風邪は誰かにうつすと治るそうだけど、主人もこれで治ったかしら???
私も誰かにうつさねば〜〜ということで、病院の帰りにそのまま近くのカフェへ。

本当に誰かにうつそうと思って来た訳ではないのですがicon10
どうせお昼ご飯はパンか何かを買うつもりでしたし、
薬もすぐに飲みたかったので薬局近くのカフェに入りました。


ICON118宇治抹茶ラテとストロベリースコーン

これが今日の私の昼食。

お薬を飲んだあとはカフェにて少し京都検定のお勉強をしました。
がやがやしているカフェの中。
その雑踏の中でも問題集に集中出来るか?
試験が近づいてくるとよくやる私の勉強方法です。

家でひとり勉強しているときは静かな中でやれるので集中力が増しますが、
でも本番は家でやっているような訳にはいきませんもの。
周りに沢山の方がいらっしゃいますし、問題用紙をぱらぱらとめくる音、
咳払いやくしゃみなどにもどきっとします。
雑音に慣れるための特訓です。

これで何があっても動揺しない・・・はずICON45  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 14:00ひとこと

2014年12月10日

京都検定にむけて・その4

検定の受験票が届いたらA6ファイルに入れて検定本に挟んでいます。

毎年その年に絡んだ絵柄のファイルに入れるようにしていて
今年は祇園祭が先祭と後祭になったということで記念の年。
そして京都国立博物館では鳥獣戯画展が開催されていたのでICON84ICON89ICON162

京都で開催の鳥獣戯画展は残念ながら伺えませんでしたが、
来年2015年4月28日〜6月7日まで「鳥獣戯画 京都高山寺の至宝」展が
東京国立博物館にて開催予定とのこと。
今からとても楽しみにしています。


その他関係資料は関連の絵柄のA4ファイルにまとめて

栄西禅師開山800年遠忌を記念して栄西(ようさい)くんファイルと
2015年は琳派400年ということで風神雷神図ファイルに入れました。

なんとなく今注目されている話題に絡んでいるものは押さえておきたくて。
私なりのこだわりですface02



受験票の番号。
一桁の番号だったら恐らくその教室の一番端の列のお席ということは間違いありませんが
二桁台からはいったいどこらへんの席になるのか、さっぱり検討がつきません。

会場に行って、会場の入口に貼ってある座席表を見て
「あちゃ〜〜ICON62」と思う事もしばしばです。

大学特有の席スタイルの五人がけの席の左端と右端のお席に座る形なのか?
それとも七人がけのお席に左端と真中、右端のお席になるのか?
左端、右端のお席なら荷物を置くこと、出入りも自由がききますが
真中のお席にあたってしまったらかなり気を遣ってしまいます。
それがもし五人がけのお席に左端、真中、右端に掛ける場合の
真中の席になってしまったら、もぉ〜最悪ですicon10

それじゃなくてもこの時期コートはかさばるのにface10
公式テキストや過去問などいっぱいの資料を持ち込んでしまうと
荷物もとても場所を取り置きづらいですicon10
 
そういう場合は左端か右端のどちらか話しやすそうな方と仲良くなって
間のお席に荷物を半分半分置かせてもらうなどしています。

当日の荷物は必要最低限にし、出来るだけコンパクトにすることをお薦め。

そして会場の室温も不安ですので、下半身は温かい感じにして、
上半身は脱いだり着たりがしやすい格好をお薦めします。

風邪対策、匂い対策にはマスク持参。
私は目がよく乾くので目薬をぎりぎりまで机においています。
もちろん、試験が始まる直前には鉛筆と消しゴムと時計以外全てのものは
しまいなさいといわれるので、もしもの為に近場に忍ばせておきます。

喉が不安な場合は試験が始まる直前にのど飴やトローチをバクっと口に入れたりもします。
時計や消しゴムは念のため二つ持っていったり。

「もしも」の時に慌てなくていいように。
最悪の場合を想定して事前準備。

勉強出来ていない分はそういう心の持ちようで補っていますface02  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 17:00ひとこと

2014年12月09日

京都検定にむけて・その3

公式テキストが数年前に“増補版”に変更され、写真や図などが増え、
カラーのページなども追加されてとても見やすくなりました。

でもそれだけでは足りないとき、この書籍を参考にしています。

ICON118図説日本史
  かのS大明神から頂いたお品ですicon12
  中学・高校時代教科書の補足に利用していたものとそっくりICON35
  (というか、まさにそれICON35)私の御守り変わりのようなものです。

ICON118京都観光基本データ帖
  三大〇〇とか四大△△とか、五◇◇、六■■・・・・
  とても端的にまとまった本だと思います。
  テキストから拾いだすのも勉強のうちですが
  棚からぼた餅?、大学時代試験前に先輩から昨年の虎の巻をもらったみたいな?
  こうして一覧にしてあるものがあったら、手間も省ける。時間も省ける。


その他にもらくたび文庫などを参考にさせて頂いてます。

絵や写真等が盛り沢山で、コンパクトサイズなので持ち運びしやすい。
(時にはトイレにも持ち込んだりicon10きゃっface03)

文字だけが羅列してあっても、なかなか頭の中には入ってきづらいもの。
仏像や建物、庭園、宝物など実際に京都で見てくることが1番ですが
まずはこれらの本で写真を見て映像として覚えるICON35
それだけでもぐっと近いものになるのではと思います。


そしていつの日か京都で“ほんまもん”に触れる。

平面な文字が、色を伴った画像に変わり、それが立体的になって映像化する。
どんどん広がる京都ワールドicon12  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 17:00ひとこと

2014年12月08日

京都検定にむけて・その2

公式テキストと同様に過去の京都検定問題と解説にもブックカバーをしています。
こちらは手拭の生地で作成。

各回ごとに色分けしています。
第1回はグリーン、第2回は黄色、第3回は水色、第4回はピンク・・・
各々に表紙の色があるので、それに合わせた生地を使ってカバー作成。
一応外身からでも第○回とわかるようにしています。

あっ、でももう10回となると似たような色の表紙があり、
最近のものは第何回のものかわからなくなってきましたicon10
それに第10回の問題と解説なんて表紙が「白」なんです。
白のブックカバーなんて・・・汚れそうface07
(実はまだ良い柄が見つからなくて作成していません)

毎回何色のものが出るのか楽しみにしていますが、
第10回のものを見たとき、とうとう白かface08っと思いました。
それはそれで最初に戻る、ということで新鮮な感じも。


中は公式テキストと同様カラフルです。

よく悩む問題にはこの「重要」のスタンプも捺印。
(見えづらいですが、リサとガスパールのリサがモルモットをだっこしたものICON84
苦手な問題には“かわいさ”をプラスして立ち向かいますicon09)

2.3級なら問題と答えの確認だけをパラパラとめくりながらで大丈夫だと思いますが
1級対策としては一問一問、四択の答えを隠しながら問題を解いて漢字で書く練習をしています。

間違った問題には横に付箋をつけて
繰返し解いて、付箋がなくなるまでやり続ける。

のが理想ですが、今年はやけにその付箋が多いままだわぁ〜(^_^;)


上部記載の過去の問題を見る事も大切ですが、この下の解説部分がめっちゃいいICON35
四択で選ばれなかった残りの三個についてもふれてあり
とてもとても勉強になります。
選ばれた答えについてももちろん触れてあるので、テキスト同様に参考になります。

下の解説で「むむっ」と思ったものは自分なりに書き出して
問題と答えにして単語帳をひとつ作っています。

こうして各回ごとに毎回ひとつずつ増えていく単語帳。
作るばかりで見返す時間がないというのが実は正直なところface03

理想と現実はなかなか厳しいっICON94ICON93  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 17:00ひとこと

2014年12月07日

京都検定にむけて・その1

試験も間近に迫り、京都ネタ探しに外出することも、
パソコンでネットサーフィンすることも少々億劫になってきましたので自分ネタicon10
私の京都検定に向けてのこだわりについて書いてみようと思います。

まずは京都検定の公式テキスト。
このまま使ってもいいのだけど、わたしは

ICON118大切なテキストを保護するために・・・
ICON118大好きな生地で可愛らしさアップして・・・
(そして“京都検定の本だICON35”とあからさまにわからないようにface06)

こうしてブックカバーをお手製して使ってます。

(生地はseisuke88さんの「尾長鳥と牡丹」)
私の回りの京都検定仲間はブックカバー率高いですicon12


そして本のしおりにはこちらをICON32

金網つじさんのもの。
つげ櫛のチャームがついていて、とてもお気に入りですICON60

京都のことを勉強することはとても楽しいことだけれど
「検定」となるとやはり重圧がかかり気負いするものへと変身icon10

そんな重荷のかかる公式テキストもこうして好きなもので囲うと
使うたび、持ち歩く度に少しなりともHAPPYな気持ちになります。


そしてテキストの中にはガンガンに色ペンで線書きICON35シール張りまくりICON35

(このページは比較的ましなほうface03)

少々カラフル度満載ではありますがicon10
人物名、寺社仏閣、国宝、名水、名石、池、茶室等々を色分けしているので
白黒状態のままのものよりは、ぱぱっと文字を探しやすい(と思う。多分(^_^;))
補足も入れたりなどして自分なりのテキストにしています。
(お友達は書き込みきれなくてメモなどを挟んだりとかされてました)

色々見るよりも、このテキスト一冊見ればICON35
というようにある程度まとめていた方が私にはあっている感じ。



そしてあとはひたすら文字を書きまくり〜

鉛筆だと筆圧が半端なくて手が疲れるのでicon10
ペンやボールペンで下敷きなどを使ってさらさらっと書いています。
こうして使えば、おうちにある見た目びみょ〜なペン類も
無駄なく使い切り達成感も味わえます。


楷書で書いている文字がそのうち流れ文字になって、漫画文字になって・・・・
いつしか自分でも読み取れないほどの象形文字?になって・・・
最後はエアー文字(空中で書くふり)に変わっていきますface10

でもこうして実際に書いてみないことには1級の記述問題はこなせない様に思います。

書いてばかりいると手が腱鞘炎になりそうICON62


実際1級に合格した年は書きに書きまくっていたので、本当に腱鞘炎になる寸前でした。
試験前一週間は文字を書かずに本をながめる程度にしてセーブしていたほどです。

あ、でも今年はまだ指の傷みもぜーんぜんありませんICON45
まっ・・・・そういうことですねっface03


※テキストの「 」や『 』書きのものは要注意ICON35  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 17:00ひとこと

2013年04月09日

春の京都へ

「一緒にお花見しませんか?ICON144」と大阪組Kちゃんのお誘いを受け、
元職場仲間4人での8ヶ月ぶり3度目の同窓会。
今回は京都ではなく、内お二人のお住まいである大阪にて集合ICON35
その前後に、病院の都合がついたら京都お花見もしようと計画していましたface02

病院も暫くの間目処がついたので、それに引っ掛けて九州帰省もすることに。
(ついでに、と言える距離では全然ないのですがicon10実家にはお正月も帰っておりませんでしたし、良い機会かと思って実行しました)


本日も早い新幹線に致しましたので、朝ご飯はパンにて。
ICON118主人が買ってきてくれた「コッペパン・栃木レモンクリーム」



栃木レモン牛乳関連。色々と商品化されているのですねICON60


主人と別れて山手線へICON133
丁度電車がホームに入ってきたところだったようで、周りの方も急ぎ足icon16
私もその勢いに煽られて急いでエスカレーターを駆け上がりました。

やったICON35間に合ったセーフ

いざ電車の中へ。

・・・と思いきや、まさかのまさか。

自分のキャリーバッグにつまづき、ホームにダ〜イブ

しかも思いっきり電車の入口度真ん前でicon10
靴も両方脱げてしまい、前からドテンと転倒ICON35

めっちゃくちゃ恥ずかしかったです

思わず「うそ〜ICON62」と叫びながらこけました。
だってこんな所でこけるなんて相当笑い者ですもの。



こういう時、都会の方はクールといいますか・・・

誰かが私の荷物を拾ってくれたのかと思って「すみません」と言いながら起き上がったのですが、
誰も周りにいなかったicon10
誰も助けてくれなかった〜ICON46

というか皆さん見て見ぬ振りをしていたご様子face06

(きっと心の中では「くすっ」と笑っていたに違いないでしょうface03)

でも逆にそれが有り難いといいますかface07
こういう時は無視して欲しい。そっとしといて欲しい。


とても恥ずかしかったので一本電車を遅らそうかとも思いましたが、
皆さんのあまりの無表情に助けられ? そのままその車両に乗りこみ東京駅に向かいました。
さすがに正面は向けず、隅っこにずっと立ったままでしたけどね。


おNEWのスプリングコートは泥だらけicon10
ストッキングは両膝破け、膝小僧からは流血

(お見苦しい画像をすみませんicon10)

歩いていてこけたのはいつぐらいぶりでしょうかicon10

いや、そういえば2年前くらい前にもこけたっけ(^_^;)
まだまだ子供icon10あまちゃんですface03
(最近朝ドラの「あまちゃん」にはまってますICON60)

京都駅に着いてすぐに絆創膏を買い、お手洗いで血をふきふき。
ひらひらのワンピースが破けなかったことが不幸中の幸いでした。



ICON118転んだ時に破いてしまった乗車券icon10

なんとか改札の機械は通ったけれど、これで本当に大丈夫なのかしらicon10

駅員さんに相談しましたが、乗車券は一旦発行すると再発行が出来ないとのこと。
機械に通らなかったら、駅員さんがいる窓口を通って下さいと。

九州までの長旅、なんだか幸先悪いですが、どうか無事帰ってこれますようにICON120  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 09:20ひとこと

2013年02月03日

恵方巻き

昨夜の吉田神社・鬼やらいには残念ながら行けませんでしたがicon10
一日遅れの本日、京都にむかいましたface02
なんといっても「節分」ですものね
この季節に折角行くのなら、この時期は見逃せませんICON35ICON35


「京都検定合格祝ICON97」という名目の今回の旅行ICON95


検定試験前は勉強の為に食事や家のことが疎かになったり、
気分も落ち着かないことが多く、主人には迷惑のかけっぱなしicon10

検定に合格したらしたで
「ご褒美に京都に連れていってICON61」とおねだりするものですから、
主人にはかなり割があわない感じでしょうねicon10
(私に都合いいことばかりICON94)

おまけに出発の前々日に主人は胃腸炎で体調を崩してしまい
一時は旅行を諦めもしましたが、その後何とか回復してくれたので
半ば無理矢理?京都に連れてきたという始末icon10

主人にしてみると本当に踏んだり蹴ったりの状態なのかもしれませんface03
全て私のわがままで進行していきますICON93


久しぶりの新幹線ICON129
東京駅構内で朝ご飯に恵方巻きを購入。

最近はいろんな具材のものがありますね。
すっかりその商法にのっかってしまってますicon10


携帯電話の方位磁石アプリを作動させながら「南南東」を随時チェックICON35

東京駅から品川駅まで、進行方向少し左手を見ながら・・が丁度「南南東」ICON65
無言で一気に食べきりました。


  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 07:20ひとこと

2013年01月01日

新年

(あけましておめでとうございます)・・・と、小声で小さくicon10

今年もどうぞ宜しくお願い致します。


ICON118清水焼の干支・巳年の箸置き

箸置き大好きな私。今年は我が家の箸置きコレクションを季節ごとに紹介していこうと思います。


ICON118自宅より・・・2013年元旦・初日の出


ICON118南西の空

とてもちっちゃいけれどicon10 富士山(左下)とお月様(右上)です。


ICON118富士山

我が家からの富士山の眺めはちょっとばかり残念なお姿なのですがicon10
でもお空に千鳥も二羽飛んでいるところが撮れたので良しとしましょうICON141


新年なので近くの神社にお参りがてら、いつものウォーキングです。

一応神社の鳥居はくぐらず、横をまわりましたicon10
(ICON31こちらも賛否両論あるようですがICON45)


主人のおみぐしは「小吉」  私は「吉」
 
どちらもあまり良いことは書かれておらずそこそこな運勢でしたが、
お互い「出産」の項目だけは「よろし 安心すべし」でしたface02
(関係あるんでしょうかねぇface03 ちょっぴり苦笑)


そして帰り道、年のはじめにまたあそこへICON163


「今年も宜しくお願いしますね」  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 10:15ひとこと

2012年12月31日

2012年のおわりに

「帰省しなかったらおいでよ」

いつもお世話になっているN先生からご自宅にご招待頂きましたicon25

今日は先生の義理の息子さん(Fくん)のお誕生日ICON97
一緒にお祝いしようとお誘いを受けたのです。
Fくんはアメリカ出身。主人の英会話の先生でもありますICON96

甘いものに目がないFくん。
苺のケーキににっこりICON155



いつも美味しい家庭料理でおもてなし下さるN先生ご家族。
皆さん音楽家なので、お食事の合間にはサロンで音楽のおもてなしもあるんですよICON64
素敵ですよねicon12

お優しくて気さくなN先生ご夫妻。ご夫妻とも京都出身であることも私の憧れのひとつ。
奥様が煎れて下さるお番茶がとても美味しくて大好きですICON61

ここに引っ越してきたのもN先生のお宅が近かったからかな。
我が家の大切な東京のお父さんとお母さんなのですface02

「今年も本当にありがとうございました」



先生のお宅をあとにして、ほんの十数歩寄り道していつものにゃんこのところにICON163


ウォーキングの時に近くで「にゃ〜ICON60」と言うと
「にゃ〜〜〜ICON61」といいながらいつもそばまで来てくれますface02ういやつicon06

「今年も一年ありがとうね」




「たわわな京都」のBlogをはじめて、もうすぐ四年になります。
始めた頃は京都に関わるお仕事をしていましたし、京都にもちょくちょくお邪魔していたのでBlogの内容を京都ネタに絞って「たわわな京都」にしたのだけれど、お仕事をしている時は情報にあふれていても実際は日々の生活が忙しくBlogどころではなくてicon10

退職してちょっと暇になって余裕が出て来た今は、なかなか京都にお邪魔することが出来ませんface03

なので最近は資料や雑誌、ネットで気になった京都のこと、東京で味わえる京都のこと、それ以外の日常ネタが多くなってしまいました。

「たわわな京都」じゃなくて

「たわわな(東)京都」かもICON36ですねicon10

あ、いや・・・たわわでもないかface03


私の覚え書きのような状態になっていますが。
前に京都に行った時のこともさかのぼりながら過去の分もぼちぼちとupしていこうと思いますので、なが〜い目でみて頂けると幸いです。

良いお年をお迎え下さいICON118
  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 22:00ひとこと

2009年02月06日

はじめまして

節分を追え、立春を迎えました。
今日はぽかぽか良いお天気です
icon01  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 11:45ひとこと