京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2011年06月18日

橋姫神社

ICON118悪縁切りで有名な橋姫神社です。




古代より水辺・特に橋は心霊が宿るところとされており、橋姫はその守り神です。
瀬織津比 を祭神とする橋姫神社は明治3年の洪水で流失するまでは宇治橋の西詰にありました。境内には橋姫神社とならんで、同じく水の神である住吉神社が祀られています。交通の要衝として発展してきた宇治にとって、宇治橋はとりわけ大きな意味を持っており、橋姫神社を巡って数々の伝承を生み出しています。また宇治が主要な舞台となっている源氏物語宇治十帖の第一帖は「橋姫」と名付けられており、橋姫神社はその古跡となっています。


ICON118源氏物語宇治十帖の中の「橋姫」
  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 12:10宇治市

2011年06月18日

縣神社

暗闇の奇祭(6月5日未明)としても有名な縣神社です。

縣神社は御祭神、木花開耶姫命の故事にのっとり、昔から女性の守護神として皆さまから信仰されており、現在も良縁・安産・子授けを祈願される方々のお参りが絶えないのだそうです。


ICON118縣井



ICON118子育て人形              ICON118梵天お守り

安産の願いを込めて『子育て人形(別名、子授け人形とも呼ばれている)』のお守りもあるんだとか。

お祭りの象徴である梵天を象ったお守り。

どちらもとっても可愛いですICON60
  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 12:05宇治市

2011年06月18日

平等院

そして平等院にやってきました。
ICON118入口



ICON118平等院ミュージアム鳳翔館

平等院初の総合博物館(登録博物館)である「鳳翔館 (ほうしょうかん)」は2001年(平成13年)3月1日(木)に開館したそうです。
綺麗な建物ですね。


ICON118平等院南門



ICON118浄土院

文化財である阿弥陀如来立像、帝釈天立像、養林庵書院障壁画などが管理されています。


ICON118鳳凰堂



この景色を眺めるとやっぱり10円硬貨を見たくなりますface02


修学旅行での想い出が色鮮やかにicon12
20数年も前のことなのに、ぽんと蘇ってくるものですね。

周りには修学旅行生がうじゃうじゃ。
やっぱりここ、みんな来ますよね(^_^;)



鳳凰堂の中の拝観は2時間待ちとのことでしたので断念しましたface03


ICON118蓮の花

これから段々に良い季節となるのでしょう。


ICON118梵鐘



最後は鳳翔館の内を観賞して。
木造雲中供養菩薩像がとても素敵でしたicon12
  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 12:00宇治市

2011年06月18日

宇治神社

「下社」と呼ばれていた宇治神社。こちらも世界遺産です。

宇治橋上流にあり、この土地の産土神として信仰されてきたそうです。

ICON118拝所

最近綺麗に塗り替えられた感じです。  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 11:20宇治市

2011年06月18日

宇治上神社

世界遺産でもある宇治上神社。
ICON118鳥居

すぐ近くにある宇治神社と対になっていて宇治上神社は「上社」、宇治神社は「下社」と呼ばれていたそうです。


ICON118拝殿



丁度結婚式が行われていたようで、なんだかいつもとは違うようでしたicon10


ICON118本殿

現存最古と言われている平安時代後期の造営のものです。


ICON118桐原水



境内の湧き水で、宇治七名水のひとつであり、唯一現存しています。
  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 11:15宇治市

2011年06月18日

橋寺・放生院

京都検定でも良く出てくる「橋寺」こと放生院に寄りました。


橋寺は、推古12年(604年)に聖徳太子の発願で、秦河勝が建立したのが始まり。
また大化2年(646年)に大和(奈良)元興寺(がんこうじ)の道登(どうと)が宇治橋を架けた際、安全祈願の為に地蔵院舎もあわせて創建したとも伝えられています。
「橋寺」の由来は、近くの宇治川に架かる宇治橋をこの寺が管理していたことによるものだとか。


ICON118橋かけ観音石像




正式名を「真言律宗 雨宝山 放生院常光寺」
なので瓦も「雨」なのかしら??


ICON118紫陽花

後方の青紅葉。青々と茂っています。
秋の紅葉もきっといいんでしょうねICON122


ICON118放生院(ほうじょういん)ICON118

住所・・・京都府宇治市宇治東内11
電話・・・0774-21-2662
拝観・・・境内自由。但し(3/15~10/31は 9:00~17:00)、(11/1~3/14は 9:00~16:00)
     本堂および宇治橋断碑の拝観は寺務所へ申し出る(有料)。本堂300円・断碑のみ200円
交通・・・京阪電車「宇治駅」から徒歩約4分  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 10:50宇治市

2011年06月18日

三室戸寺

久しぶりの京都です。
この時期なので、美しい紫陽花を見ようと宇治の三室戸寺にやってきました。


ICON118沿道からの紫陽花

やはり紫陽花には雨が似合いますねicon03


ICON118みむろどう

階段を上がると

ICON118本堂



ICON118本堂前の睡蓮



ICON118ひとしずく

なんとも美しいですicon12


ICON118宝勝牛

三室戸寺の本堂前に石で造られた大きな牛の像が狛犬のように鎮座しています。
大きく開いた口中には石の玉があり、これを撫でると勝運がつくといわれ、宝勝牛と名付けられています。


牛の腹には小さな覗き窓があり、そこから胎内におさめられた牛の木像が見えます。
この木像には次のような話が残されています。


ICON34牛の木像の話



ICON118朝鮮鐘の龍頭


これは当寺の古鐘の龍頭です。槙島合戦のおり、当山の僧が足利義昭に 味方したため、伽藍は破壊され、梵鐘も没収される事となりました。
鐘は秀吉の部将、増田長盛の手に移り龍頭のみ切り取られ、床の置物とされた。
ところがたちまち病に伏せる事となったので、長盛はこれを梵鐘破壊の 祟りと思い鐘を還そうとしたが、「破鐘、寺に無用」と当山の僧は受付ませんでした。
長盛は陳謝し病気平癒の祈祷を依頼すると、病気は癒え、毎年御供米百俵 おくるようになったという。
鐘も寺に還ったことから、この鐘の龍頭をなでると金(鐘)がかえると古来より伝えられています。



ICON118福徳兎

三室戸寺本堂前に狛牛と対面して兎が安置されています。狛犬ならぬ狛兎です。
三室戸寺のある地域は、古来より、菟道(うじ)と称され、宇治の中心地でもありました。
仁徳天皇の弟、菟道稚郎子は宇治天皇とも称され、一時皇位についた可能性もあります。
この菟道稚郎子は応神天皇と宇治の豪族、和邇氏の娘との間に生まれた皇子で、宇治の本拠としていたので、こう呼称されていたのでありましょう。
菟道稚郎子が宇治に来た際、兎が道案内したとの伝承もあり、兎と縁があります。
因みに、菟道稚郎子は日本書記に、菟道の山の上に葬られたとありますが、当山本堂の裏山の古墳が、稚郎子のものだといわれています。
また、当山所蔵の摩尼宝珠曼荼羅ないし文書に記されている生身不動明王は、月を人格化したものであり、足下に兎が表現されています。
狛兎は、御影石製で、高さ150cm、幅90cmの巨大なものです。兎は、幅60cmの大きな玉を抱いていますが、玉の中に卵型の石があり、それが立てば願いが通じると云われています。




私も試してみたけれど・・・
うまく立ちませんでしたicon10


ICON118源氏物語第五十一帖の「浮き舟」の碑

「たち花の小嶋は色も変らじを この浮舟ぞゆくへ知られぬ」 

もとは浮舟社という社だったそうですが、江戸時代石碑に改められたそうです。


ICON118お地蔵様



ICON118宇賀神

巳年の時は人気が出そうですよね。


ICON118境内のあじさい







ICON118最近人気の「ハートの紫陽花」?

こうして探してみると結構ハートの形っぽい紫陽花ってあるもんですね。









雨はあまり好きではありませんが、何故か紫陽花の季節だけは許せる気がしますface01


ICON118三室戸寺(みむろとじ)ICON118
◆住所・・京都府宇治市菟道滋賀谷21
◆電話・・・0774-21-2067
◆拝観時間
8時30分〜16時30分 ( 4月1日〜10月31日)
8時30分〜16時00分 (11月1日〜 3月31日)
 ※拝観最終受付は閉門時間の30分前まで
    納経最終受付は閉門時間の30分前までとなっております。
 ※年末休み (12月29,30,31日)
◆拝観料
  大人500円 / 小人300円 (団体割引30名以上 大人400円)  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 10:05宇治市