京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2014年03月27日

随心院・小野梅園

伊勢丹新宿の京都展には是非とも行きたくなってしまう私なのですが、
今回行かなかった(行かなくてもすんだ)理由は?というと

今日から京都に行くからface02ICON63
二ヶ月半ぶりの京都上洛です。

今回はNさんから「大徳寺の月釜、ご一緒にどうですか?」
とお誘いを受けまして、一泊二日で伺うことになりました。

初日お昼間は自由行動にさせて頂きましたので、朝早くの新幹線で京都入り。
この日、大阪の実家に帰省中のTちゃんがお友達と1day京都散策とのことで、あと少し京都駅にいれば会えるかも???
そして丁度主人も福岡から静岡まで新幹線にて移動中だったので
駅構内でもう少し待っていればホームで手を振れるかも???
・・・といろんなことがよぎりましたが、結局そのまま地下鉄へGOicon16

GPS機能で居場所を見たとしたら、Tちゃん、主人とニアミスしてるんだろうなぁ〜
と想像しながら一人にやにや、小野駅に向かいましたface02


ICON118名勝 小野梅園

数年前「はねず踊り」の時に伺いましたが、その時は梅の盛りがちょっと過ぎていた頃だったのですよねicon10
なので今回は良い頃だろうと伺いました。

(曇り空ではありましたがicon10)読み通り梅は“満開”の梅園でしたICON60










色鮮やかな小野梅園の八重の梅たちです。

中には薄ピンクの梅も。

一重で花びらが5枚くっきりICON35


30日(日)のはねず踊りの際は、こちらの梅園のお茶席も大勢の方で賑わうことでしょう。


  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 10:20

2013年02月25日

北野天満宮・梅花祭3

1500円のチケットに宝物拝観券がついていましたので宝物館へ。
途中何やらカメラ取材の御一行様が。

NHK大河ドラマ「八重の桜」でもご出演中の秋吉久美子(黄色のコート)さんでしたicon12
何の撮影だったのかな?


ICON118宝物館



ICON118宝物館近くの白梅もちらちら



ICON118長五郎餅・北野天満宮境内店前の紅梅



ICON118門前のフランス料理店「ラシーヌ」

11:30〜開店ですが、お昼はご予約のお客様でいっぱいということでお断り。
店頭のパン販売も長蛇の列でしたicon10  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 11:25

2013年02月25日

北野天満宮・梅花祭2

この時間になりますと、露店も全て開いていて賑わいをみせています。



楼門入って右手のところでお手洗いを済ませ、野点のお茶席の行列へ。

「お茶券を事前にお求めでない方は列の前の方の受付で当日券をご購入下さい。」

「お茶券をお持ちの方はこちらの列に並んで下さい。」


と、係の方の説明に従って並びました。
頻繁にこういう説明があっていたにも関わらず、やっぱり券を持たずに並ばれてしまう方、結構いらっしゃいました(^_^;)ご注意ですICON35

9:40・・この時点で私の前にはもう300名程のお客様が並ばれているとの情報。


10:00・・お茶席スタート。
それに伴い、行列の列も前に進み始めます。

ICON118茶券頒布所

第1席目のお茶会が始まったようです。


ICON118三光門前

運良く近くに並んでいたので、ちょっぴりですが神事の始まるところを拝見出来ました。


画像はHPより頂きましたICON32

白い垂れ幕のむこうではこのような感じで梅花祭の神事が行われていたようです。
10時よりこちらから本殿へと移動、50分間程の神事が執り行われるそうです。

祭典を奉仕する神職の方は、冠に菜の花をつけ奉仕(菜種が宥(なだめる)に通じる)
皇后陛下(宮内庁京都事務所の所長)の御代拝があるのだそうです。

菜の花、ばっちり見る事が出来ましたface02
ちょっと得した気分。

神事もお茶席も同じ10時スタートICON35
神事を見届けてからお茶席の行列に並ぶとまたそれはそれで大変icon10
神事の様子が垣間見れただけでも儲け物ですICON61


10:10・・・さて、お茶席の入口のところまでやってきました。



ICON118お茶席は立礼席・座礼席とがありました。



ICON118入口にて「御供物引換券」と交換



ICON118こちらが頂いたお茶菓子と撤饌です。



立礼席の方が回転率が早いようでお急ぎの方はお薦めとのことでしたが、私はじっくり派の座礼席の列へと並びました。

10:20・・・第2席目の座礼茶席が始まりました。
大体座礼席で一席約60人の方が座ることが出来、約20分くらいの所要時間のようでした。


10時〜15時までのお茶席で約3,000人の方が訪れるというのですから、座礼席は1時間に約200人、5時間で1,000人。
残り2,000人の方が立礼席(1時間に400人)という計算になるでしょうか。
座礼席の方がどうしても人気があるようなので、大勢の方が並ばれがち。
でもそれではお茶会を上手くまわせないということで、私の少し後の方からは座礼席お断り。全て立礼席でのお願いとされていました。
落ち着いたらまた座礼席のご案内もあったかとは思いますが、並ぶ順番によってはそんなこともあり得るようです。

天正15年(1587)豊臣秀吉公が北野天満宮の境内で北野大茶湯を催した故事に因んで、上七軒総出(芸妓15名・女将15名)のご奉仕により、御祭神菅原道真公1050年大萬燈祭あたる昭和27年から毎年「梅花祭野点大茶湯」を開催されているそうです。


ICON118梅の木々には何やらひらひらと風に揺られる短冊が。


ICON118短冊のアップ

舞妓さん・芸妓さんが詠まれた歌が書かれていました。
とても雅ですねicon12

ICON118立礼席の様子

芸舞妓さん方も写真に快く応じて下さってます。
・・にしてもカメラマンの方・・・すごいですicon10

10:40・・・第3席目の座礼席

長方形のかたちの座礼席。
西側の列は芸舞妓さん方の出入り口にもなっているので、座れる人数が少なめ。
北側の列もお点前の場所があるので少し少なめ。
その他はぎっしりと所狭しと座ってらっしゃいます。

立礼席のお点前の場所は座礼席外側の南西角。
そして座礼席を取り囲むように南側・東側の二方向に立礼席。


皆様あらかたお座りになり、私の前の方で一旦落ち着いたので、

「おおっ、やった第4席の一番だわっface02
なんて喜んでいたのですが

「お一人のお客さん、こっちへどうぞ」
とのことで仕方なく第3席へ潜り込み。
順番が早く回ってくるのは有り難いけど、この場合は全然有り難くなーいICON46


だって座ったのはこちらのお席。
お正客さんの列の一番左端っこ・角で芸妓さんのお点前が全然と言っていい程見えませんでした
一番座りたくなかったお席かもicon10



ICON118なんとかかんとかお点前が見える感じicon10

もぞもぞしていたら、右お隣のおじさまが
「見えますか?」とお気遣い。

そうしたら左隣のおばさま方が
「私の方からは少し見えるよ。こっちの方でお撮り」と。

皆様のご協力により、少し乗り出しながらお写真を撮らせて頂きました。
本当にありがとうございました。


ICON118立礼席のお点前はまた別の芸妓さん、お運びの舞妓さんがいらっしゃいました。



ICON118座礼席のお茶が点ち、お正客の方へと舞妓さんがお運び。








大寄せ茶会なので、次客の方までが芸妓さんが点てたお茶を半頭役の舞妓さんにお運びして貰えるようです。

ICON118そして三客以下の方々は水屋で陰点てしたものをお運び。



ICON118ずらりと並んだ芸舞妓さん

こんな間近で・・・嬉しい限りですface05


ICON118そして私にもお茶が運ばれてきました。

有り難く頂戴致します


ICON118お隣のおばさま方にも。





ICON118老松さんのお菓子



ICON118梅の柄のお茶碗

ICON35片手でお茶碗を持ったりしてはいけません。

しかもまたお茶を頂いてもないのにicon10

お茶碗を持った時に梅の柄に感激して、思わず無作法をしてしまいました。
ごめんなさいICON46

もたもたしていたら、お菓子を頂く時間がなくなってしまいicon10
お菓子はそのままにお茶だけ頂きました。

ICON118再び舞妓さんがこられ、お茶碗ひき。



大変美味しゅうございました。


そしてどんどんとお茶碗が引かれていきます。



そして全ての方のお茶碗が仕舞われ、お茶席終了。

お席替えの折に折角ですので、以前から気になっていましたお釜を間近に拝見させて頂きました。

ICON118炉縁は瓦で作られています。

梅の文様、北野天満宮・梅花祭ならではですね。


11:00・・・皆様がお席を立たれた後はこのように一旦あらためられます。



ICON118席替え


立礼・座礼共にまだまだ賑わっています。



ICON118そして座礼第4席目

立礼席の後ろ側からちょっとだけ写真を撮らせてもらいました。

先程お隣のおばさまにお茶を持ってこられた方が今度はお点前の番。


ICON118そして先程座礼席で半頭をつとめてらっしゃった舞妓さんは今度は立礼席のお運びをされていました。



お美しいですicon12


ICON118美人揃いの芸舞妓さん方ですが、中でも私が一番素敵だと思ったのはこの方

ちょっと無作法に乗り出しておられるカメラマンさんに向かって
「前のお客さんに迷惑になりますから」
と嗜めておられました。

美しいだけではなないです。きちんとした態度、素敵ですねICON61

昨年は大雨の梅花祭ということでしたが、今年はお天気にも恵まれて良かった。
(でも待ち時間のじ〜としている間はやっぱり寒かった〜face10)



ICON118頂いた撤饌

紅白の梅の形の落雁でした。  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 11:05

2013年02月25日

北野天満宮・梅花祭1

朝食を頂いたあとは、本日のメイン行事である梅花祭が執り行われる北野天満宮にやって参りました。




8時すぎ、もう結構な人がバスから降りて来て、露店もちらほらと開店しています。


ちょっと早くきすぎましたね(^_^;)
なんたって私にとって初梅花祭・初天神市なのでわくわくなのですface02



ICON118野点大茶之湯拝服席受付

まだ係の方もいませんicon10


ICON118野点のお席も準備中です。





ICON118美しい紅梅



ICON118三光門前の白梅

いくらか開いているお花がありますがまだまだです。


ちょっといいアングルでICON141



ICON118本殿

外国の方がお着物姿で参拝。
なんとも素敵ですねicon12


ICON118本殿横

この灯篭と朱塗りの壁を見ると、北野天満宮に来たなって感じがします。


ICON118まだ賑わう前の長五郎餅・北野天満宮境内茶店



ICON118東門出たところの露店


これからっていうところです。

  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 08:30