京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2014年09月23日

京のおぞよ・桜家

本日はTちゃんとYちゃんと日本橋三越さんに集合しました。
Yちゃんの訪問着&袋帯も大丈夫そうとのことなので、今日はお茶会用の草履をお求めに行って参りました。
丁度良いお草履がすんなり見つかりましたので、Yちゃんと私(サイズ違いの)お揃いを購入ICON61
当日ペアで頑張りましょうねっface02


一応私達京都繋がりなので、京都絡みのお店にてランチ
ICON118京のおぞよ・桜家「焼き魚プレート(1,300円)」

ICON64本日のひとしな・・・茄子の煮浸し
ICON64小鉢・・・白和え
ICON64主菜・・・西京焼き
ICON64御飯・・・白ご飯とお味噌汁
ICON64香物・・・京漬物

西京焼き・・・ふわふわでとても美味しかったです。


その後は京都からちょっと奈良へと本命を変えていったTちゃんのお誘いで「まほろば館」にも立ち寄りました。
さすがに私は奈良検定までは受験しませんけどicon10
奈良のお土産品も色々と目をひく商品があり楽しかったですICON60
  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 21:00Lunch

2014年09月16日

コレド室町の西利さんにて

今日は久しぶりに元職場仲間、SさんとNさんとランチデートしましたICON60

コレド室町2の西利さんにて待ち合わせ

京都繋がりの方々なので、やはりランチは京都のお店face02
Sさん、計画して下さってありがとうございました。


店内にはお漬物の販売とイートインスペースが15席ほどあります。
こちらのテーブル席に座らせて頂きました。



ICON118京漬物寿司点心(1,404円)




7種類の旬の京漬物寿司(千枚漬け巻き、なす、白菜、みょうが、柴漬け、やまいもなど)
大根のぜいたく煮、あっさり漬大根とサーモンなどの添え物、ごぼうなど季節によってお品も変化するらしいです。

お漬物のお寿司ってどうなの???
と思いましたが、塩分も控えめでなかなか美味しくってGoodICON65
結構お腹いっぱいになりました。


生麩と湯葉のお味噌汁(白味噌)

生麩の上にからしが少しのっていて、ピリリとアクセントになっていました。

今度は是非お漬物のデザートも頂きたいなICON64  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 21:00Lunch

2014年07月31日

日本橋散策「京の馳走 はんなりや」

本日はTちゃんと日本橋界隈を散策しました。
日本橋駅にて集合して、早速ランチ場所に向かおうとして角を曲がった際、
何やら凄い行列が出来ていてとっても焦ったのですがicon10
どうやら前の筋のお店の行列でした(^_^;)
(少し前にテレビで放映され話題となっているようでした)

その大行列のすぐそば。
ランチは前から行きたいと思っていた「京都の馳走 はんなりや」へ。



ICON118お昼のセット(1,080円)

だし巻き・おばん菜三種・白ご飯・漬物・赤出汁


だし巻き玉子・・・どど〜んとアップですICON35

うっ、美しいですねぇ〜この眺めface05

祇園祭のお囃子の音楽を聴きながら、、、
京都ならではのお出汁たっぷりの厚焼き玉子を頂きました。
うーん大満足face02


食後は、まだ伺ったことがなかった「コレド室町2」と「コレド室町3」を散策。

雑貨関係で楽しいお店がいっぱいありましたICON60


そして本日のお目当ての千疋屋にて早くのお茶タイム。
ICON118桃パフェ(2,160円)

結構なお値段しちゃうのですがicon10
でもそれだけの価値があるICON35極上のパフェです。
昨年頂いて、もぉ〜虜になってしまいましたface05

一年に一回、こんな贅沢もあっていいかしら〜と。
まさに至福のお時間でございましたicon06


その後は日本橋三越の呉服売り場をぷらりと散策。

日本橋にてアートアクアリウム開催中ですので、
三越さんもそれに関連してこんな飾り付けになっているのかな??


京都にスウィーツにお着物。好きなことだらけの一日でしたICON60  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 20:00Lunch

2014年07月24日

喫茶チロル

神泉苑を通り過ぎ、向かったところはこちらICON32
「タクシードライバー祗園太郎くん」でもお馴染みの「チロル」

通りからのこの風景、見覚えある方もいるはずですface01



何故ここに来たかったかというと、、、
タクシードライバー祗園太郎くんが推薦する“厚切りカツカレー”を
今度こそ食べたくて。

そして2014年6月24日に放映された
第13話「グルメ狂時代が来る!」
ICON31祗園太郎くんの先輩、グルメおたく・天下一平さんが大推奨する
“知られざる絶品メニュー「ナポリタン」icon28

是非是非食べたくてですねっ!


チロルに行ったら、どっちを頼もうかな〜と悩んでいるという話をしていたら
Sさんがその話に乗って下さって、半分こしようICON65ってことになったのですICON60
わぁ〜い、一石二鳥(?)
二人って嬉しいface05


こちらがお待ちかねの「厚切りカツカレー」と「ナポリタン」です。

前回伺った時と違って、メニューに可愛らしいイラストもプラスされていました。


ICON118厚切りカツカレー

とってもボリューミーでしたICON161


ICON118ナポリタン

懐かしの味という感じで、とっても美味しいICON60

二ついっぺんに食べれて得しちゃいました。
またもや目標達成ICON97

Sさん、チロルまでご一緒頂き本当にありがとうございました。
残りの旅も楽しんでくださーい。


  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 16:10Lunch

2014年07月22日

ごたん宮ざわ

いつものように急遽京都入りしたにも拘らず、大阪の先輩Aさんがランチご一緒して下さることになりました。
お昼前に四条烏丸にて待ち合わせ。

2014年7月14日にオープンしたばかりの「ごだん宮ざわ」さんにお邪魔しました。

(ピンぼけお写真お許し下さいicon10)

「じき宮ざわ」さんの2号店。

ごだん(後段)とは。。。
江戸時代の饗応の時、主たるもてなし(食事や茶など)のあとで出した軽い飲食物(素麺やそば切り・・)など。
特に、初期の頃は「茶」の後段の例が多いそうです。

そういう兼ね合いからお店の名前をつけられたのだそう。

オープンしたばかりということで、お店の前にはお祝いの胡蝶蘭が所狭しと並んでおりました。
店内の様子ICON32



小振の鉢植えと栗の木のカウンターが心地良い空間でした。
カウンター8席と入口横に個室(4人用)があるようです。


お昼の懐石(5,800円)

まずは冷やした湯桶を頂き、杯にて食前酒


ICON118ずいき、帆立、新じゅんさいにトマトの出汁のジュレ 紅白なます



ICON118鱧の葛打ち、蓮根餅の吸物

この時期の鱧はいうまでもなくICON60
蓮根餅はもちもちの食感で大変美味しゅうございました。


ICON118お造り

私は塩で頂くのが好みでした。


ICON118焼きトウモロコシ豆腐

じき宮ざわさんでは「胡麻豆腐」が看板メニューですが、
こちらではこの焼きトウモロコシ豆腐なのでしょうか。
まわりは香ばしく中はとろとろ。
とうもろこしの優しい甘みがふわっと口に広がる美味しさでしたICON60


ICON118からすみ蕎麦

自家製からすみを細かく削って手打ちの十割蕎麦にふりかけてありました。
ふわっふわの食感icon12
今までに食べたからすみの中で一番美味しかったです。


ICON118冬瓜、賀茂茄子、万願寺唐辛子の牛テール出汁鍋


熱々なのでこちらの器にとって頂きます。

レンゲが平たくて、テールスープを最後まで上手に掬えるよう
使い勝手が良さそうなものでした。


ICON118土鍋で炊いたご飯

炊きたてご飯はまた格別ですICON35
おかわり自由。


ICON118あおさの赤だし

京都だけど赤出汁・・・ちょっと意外でした。
でもあおさ、個人的に大大大好きですface01


ICON118香の物



ICON118ご飯のお供に粒味噌入りちりめん山椒

粒味噌のアクセントが効いていました。


ICON118桃とマスカット



、桃、〜〜〜〜face05
他の方のブログを拝見してこの時期水物で桃が出るであろうとは思っていたのですが、
やっぱり美味しそうな桃が出されて、テンション上がりまくりの私でしたicon06


ICON118くずきり



氷で作られた器が一段と“涼”を感じさせます。


ICON118〆のお薄茶

きめ細かい泡にうっとり。

店主さんの美しい包丁さばきも素敵でしたが、
給仕して下さった奥様の優しさにも感動。

最後には店主自らがお見送り下さり
じき宮ざわ同様、柔らかでさりげないおもてなしの心にまた感激致しました。


素敵な場所で、大好きな先輩と美味しいお料理を頂きながらのひととき。
最高のお時間を過ごさせて頂きました。
ありがとうございました。


ICON118ごだん宮ざわICON118
住所・・・京都府京都市下京区東洞院通万寿寺上ル大江町557
TEL・・・075-708-6364
入店時間・・・12:00〜12:30/18:00〜19:00
定休日・・・水曜日  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 14:30Lunch

2014年07月14日

お着物三連続

本日は7月分の着付教室の日でした。
今回のテーマは「夏着物」
頑張って自宅から着物を着ていったのですが、着物で伺ったのは私一人でしたicon10
やーんICON62恥ずかしいわっicon10

でも久しぶりに仲良し組揃っての楽しいお教室となりましたface02

ランチは先々月に伺ったけれど駄目だった(臨時休業だった?)
銀座米料亭・八代目儀兵衛さんへもう一度チャレンジICON35

ICON118京のお野菜の天麩羅御膳



茄子・蓮根・しめじ・いんげん等々


もちろん炊きたてご飯はおかわりして「美山の子守唄」のたまごも追加




ICON118さばの味噌煮 銀シャリ御膳 〜香梅仕立て〜

ICON31こちらはTちゃんのメニュー

皆様結構おかわりのご飯が進んでいました。

その後「鳩居堂」に寄り文具を購入。
千疋屋のカフェに行こうと思ったのですが、2階地下共にかなりの行列に断念icon10
偶然見つけた松崎煎餅の甘味処にてお茶することにしました。



ICON118こしあん好きのJさんと私は「冷しるこ」



ICON118つぶあん好きのFさんとTちゃんは「冷ぜんざい」

どちらも小振のお煎餅つき。
甘いの、辛いの、甘いの・・・・永遠に続きそうな最強コンビですICON60

来月の着付教室もまた頑張りましょうねっ。



7月12日(土)は表千家青年部の総会。
7月13日(日)はお茶のお稽古。
本日7月14日(月)は着付教室。

夏着物三連チャン。気合いを入れて頑張りましたicon21

ICON118色無地(一つ紋)と袋帯



ICON118江戸小紋と名古屋帯         ICON118雪輪花柄小紋と紗献上帯

いつものように自分撮り〜face03


暑くて暑くて、気合いなくしては臨めない三日間でしたが、
「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」
そう思って取り組めばなんとか過ごせるものだなと。

今年も夏のお着物着用、頑張りたいと思います。


お友達とも会って美味しいものも食べて、いい気持ちで帰宅したのですが。
帰ったら悲劇が待っていたICON62

6月末から7月末までの一ヶ月間、我が家の前の道は水道管の工事をやっていて
本日本管と我が家の管を繋ぐ作業をやっていた模様。
着物で出掛ける際も玄関先が大変なことになっていたので
草履で家を脱出するのに一苦労し嫌な思いをしたのですicon10

夕方帰宅したら今度は水道がとまってましたicon11ICON107
(単に工事の方が水道管の栓を開け忘れたらしいのですがface03)
堅く締められた栓を(かよわい??)私が開けられるはずもなくICON46
結局帰宅して3時間弱。
水道局や工事業者との連絡に時間を費やし、洗濯も出来ず、お風呂にも入れず仕舞いでした。
ついてな〜いICON47

なんだかどっと疲れがきました。
たまにはそんな日もありますねどよよん


  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 21:00Lunch

2014年03月28日

泉仙・大慈院店

お昼は大徳寺・大慈院境内にある「泉仙」にて。
ICON118精進鉄鉢料理・あやめ(3,150円)

和え物と湯葉のあんかけ


ICON118八寸



ICON118巻き寿司と胡麻豆腐



ICON118天婦羅



ICON118煮物



ICON118筍御飯



「鉄鉢料理」とは・・・
僧が食物を受けるために用いた鉄製の丸い鉢のこと。
遠くインドにはじまり、日本へは奈良時代に伝わり、托鉢の僧が用いたと言われています。
泉仙の鉄鉢料理は、この托鉢を形どった器に、四季折々の味覚を盛り込んだもので、禅のこころと京料理の伝統を現代に生かしています。



全体のお料理としてはこのようになっていますICON32(HPより)


お料理を全て頂いて、丸い赤色の器を大きさ順に重ねると

入れ子になり、綺麗に収まる。まさに托鉢の器icon12


本来でしたらお料理の一番始めに、お抹茶と主菓子が出るそうなのですが
本日は月釜の日なので、お茶席でお抹茶やお菓子はいっぱい頂くであろうと。
代わりに「京の豆」を頂きました。

これでしたらお持ち帰りも出来るので有り難いですね。



ICON118泉仙・大慈院店ICON118
住所・・・京都市北区紫野大徳寺町4 大慈院内
電話・・・075-491-6665
営業時間・・・AM11:00~PM4:00(L.O)
定休日・・・年中無休(12/29-31は休み)  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 13:00Lunch

2014年03月27日

雨月茶屋

てくてく歩いて醍醐寺にやってきました。
総門のところの桜はまだまだつぼみですicon10



朝はおにぎり一個だけだったので、早目の昼食をとることにicon28
醍醐料理・雨月茶屋にて精進料理を頂きます。



ICON118お手軽な精進弁当の「雨月」


蓋を開けるとこのように・・・




ICON118お造り・八寸・炊合せ・椀物・御飯、香の物、デザートで1,600円


ICON118デザートの抹茶わらび餅と苺


前回桜が満開の折にお邪魔した時は長蛇の列だった雨月茶屋も
本日はお店独り占めで悠々とランチTimeを過ごしました。
(人が少ないってことは、桜もまだまだってことですface03)
  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 11:20Lunch

2014年03月07日

本家西尾八ッ橋 そば処・為次郎にて「鴨うどん」

東京駅でお昼をむかえましたので、東京駅一番街のそば処・為次郎に久しぶりに寄りました。
食券方式なので、ちゃちゃっとお昼を頂きたい方にはお薦めですICON65

ICON118鴨うどん



結構厚切りの鴨肉でしたので、お肉の旨味がジューシーでしたICON60
食後の八ッ橋もなかなかいけるのですface02

その後、京都館に寄って資料を頂いて帰りました。


為次郎さんのおおもと、本家西尾八ッ橋さんでは
ためちゃんの純米シフォンケーキシリーズで月代わりのものがありますが
今月の限定は「桜ICON144

そそられます。
  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 14:00Lunch

2014年01月16日

京風中華・ハマムラ

錦市場界隈を散策したあとは京都駅へ。
白味噌雑煮がメニューにあるところを探しましたが、どうも無理そうでicon10
前々から興味のあった京風中華・ハマムラさんにて京風ラーメン頂きましたface02


ICON118らーめんハマムラ





ICON118鶏らーめん(700円)



「ハマムラ」という文字でお顔が表現されているところがインパクトありICON65
蒲鉾もオリジナルなんですねぇ〜icon12

京都流というだけあって、あっさりとした美味しいラーメンでした。


ICON118らーめんハマムラ・近鉄名店街みやこみち店ICON118
住所・・・京都八条口 近鉄名店街みやこみち内 JR京都駅よりすぐ
TEL・・・075-672-1010
営業時間・・・11:00~22:00 (L.O 21:30)、日曜日のみ 11:00~21:30 (L.O 21:00)
定休日・・・年中無休
  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 13:00Lunch

2014年01月16日

錦・もちつき屋

祗園界隈のお店を散策しながら錦市場の方へ
「白味噌雑煮」を求めて錦市場の「もちつき屋」さんに来ました。
が・・・残念ながら休業日でしたICON46

「1月2日〜13日まで営業」「1月14日〜17日まで休業」
お正月時期は営業日・時間に気をつけなければいけないと思っていましたが、
なんとお餅屋さんはお正月はかき入れ時でしょうから、その分その後休業してしまうのですねっicon10
なるほどICON35


本日はシャッター閉まっておりますが、店内はこんな感じなのだそう。



お目当ては白味噌雑煮ですが
それ以外にも気になっていたのはこちらのメニューICON32

焼きもちセット(750円)ICON64


ICON118焼餅A(甘党)・・・白みそ、磯巻、亀山、甘辛、あべ川

ICON118焼餅B(辛党)・・・チーズ、ピーナッツバター、明太子、梅かつお、磯巻:夏季(おろし大根:冬季)

の二種類があるのだそうです。
餅好きとしてはどちらのお味も興味津々ですface05

  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 11:30Lunch

2014年01月04日

中村軒さんの「白味噌雑煮」

京都のお正月といえば、何と言っても「白味噌雑煮」ICON35
私も大好きな白味噌雑煮ですが、まだ食したことのないお店のものICON35
ということで上賀茂から桂にある中村軒さんにお邪魔しました。
(こういう時、車だと離れていてもとっても便利ですねicon12)


ICON118創業明治16年「中村軒」



店先の手焙りの火鉢が可愛らしかったです。




ICON118奥のお部屋のお軸



ICON118お餅のメニュー

この時期だけお好きなお餅が選べるのだそうですICON61


ICON118白味噌雑煮



私は「白餅」と「粟餅」にしました。



ICON118たっぷりのかつお節をかけて頂きます。



主人は「うる餅」と「粟餅」の白味噌雑煮

柔らかいお餅に白味噌がまったり。とてもあたたまりました。



ICON118名物「麦代餅」

折角なので名物の麦代餅を主人にも味わってもらいましょう。
主人と半分こで頂きました。



中村軒のご子息が営業されている「隆兵そば

中村軒の裏の駐車場のところにあります。

以前Aさんから情報を仕入れていたお蕎麦屋さん。
今度はこちらにも是非伺ってみたいと思いますICON64
  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 13:20Lunch

2013年12月16日

古奈屋の「九条ねぎと揚げのカレーうどん」

今週月曜日は着付教室はありませんでしたが、週半ばにお出掛けイベントがあります。
その前に本日はTちゃんと久しぶりにお着物関係・その他のお店をぐるぐる回りましたicon24

まずはKちゃん妹さんがお勤めのアンティークショップもこの期間出展されている
東武池袋にて開催中の「アンティークマーケット」にお邪魔しました。

Tちゃんは博多献上帯を持参で、それに合うお着物&小物をじっくり吟味。
色々と心惹かれるものがいっぱいでしたが、ここでは帯締めをget。

ランチは東武内にあります「古奈屋」にて
ICON118Tちゃんは「バナナ天カレーうどん」



ICON118私は「九条ねぎと揚げのカレーうどん」



やはり京都の食材に惹かれてしまいますface02

専用の紙エプロンをして、あつあつカレーうどんを頂きました。


  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 20:30Lunch

2013年11月25日

銀座料亭 八代目儀兵衛

先日Tちゃんから頂いた儀兵衛さんの新米。
儀兵衛さんといえば、京都では大行列が出来る人気店です。
この10月に銀座のお店も出来たとのことで、Tちゃんと早速行ってみることにしましたface02

ICON118銀座米料亭・八代目儀兵衛

こちらはランチの時間、11時からのみ受付OKです。


店内はテーブル席が12席、奥に小上がりの和室(4名様用)がありました。


ICON118一日10食限定“儀兵衛の精進御膳(1,480円)”

本日のお米は“翁霞”でした。

ICON118香の物・ちりめん山椒・塩吹き昆布



なんといっても“お米”のお店ですから。
折角なのでご飯のおかわりもしちゃいますICON158

おかわりのお椀には上におこげもプラスされています。

追加でお昼限定の卵も注文しましたICON90


ICON118美山の子守唄



ICON118卵かけご飯用のお醤油をかけて

濃厚なお醤油が卵にしっかりとろんとフィッティング。

炊きたてのお米。ふっくらとしてとても美味しかったですICON60
この時期は新米の時期なので一年でも最も良いときとのこと。
おすすめですicon12


お腹もいっぱいになった後は二人で松屋の呉服売り場を散策。
その後着付教室に向かいました。
本日の着付教室は“紬”についてのお勉強会。
“大島紬”“結城紬”“牛首紬”“塩沢紬”など実際に目で手で触れてそのシャリ感を体感しました。

西陣から織物の先生もいらっしゃっていて、素敵な作品の数々を拝見させて頂きました。
ICON118西陣織の帯証紙

こちらに記載されている番号。現在は3000番台まであるそう。
各店舗に割り振られた番号なのだそうです。

中でも洛陽織物の袋帯・・・私とても気に入ってしまいましたICON60

洛陽織物さんの証紙番号は56番ICON35
番号が若ければ若い程それだけ“老舗”であるという証。

「美しいキモノ」にも掲載されている洛陽織物さんの帯。
さすがにお高くて買えませんでしたがicon10
いいものは上品で素晴らしいicon12目の保養をさせて頂きましたface05
ありがとうございました。


お教室の後はTちゃんKちゃんと有楽町イトシアの中の「エスプレッサメンテ・イリー」にて
ICON118ミルクティーとベイクドチーズケーキ

お昼ご飯はしっかり頂いたはずなのに、何故かお教室の後は口淋しくなってしまう私なのでしたicon10

Tちゃん&Kちゃんと集うと=(イコール)tea time(ケーキICON155)
自然とよだれが・・・いやいや、お腹が空いてくるICON36
これもパブロフの法則なのでしょうかface03
  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 20:30Lunch

2013年09月02日

そば処・為次郎

今日は久しぶりに病院の診察日でした。
整体までの間に時間が空いたので京都館に資料を頂く為に八重洲方面へ出没。

ランチは東京駅一番街にあるそば処・為次郎に伺いました。

2012年2月にオープンした本家西尾八ッ橋さんの系列店です。

お食事は食券を買い求めてから頼むシステム。
東京駅新幹線改札の近くだからでしょうか、早さが売りなのかもですねicon10


ICON118夏限定・ピリ辛冷やし鴨そば(1,000円)


ぷるぷるの鴨肉がとても美味しかったですICON60



さすがは西尾さんICON35看板商品の八ッ橋が一緒についてましたface02

看板商品だけど、ちょっぴり“麺に八ツ橋〜?ICON48”と心の中で密かに思ったのですがicon10
でもピリ辛麺のあとの八ッ橋、なかなかいけましたICON63

鳥獣戯画の敷物もGOODICON65


ICON118そば処 為次郎ICON118
住所・・・〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1東京駅一番街1F
電話・・・03-3216-6717
営業時間・・・7時30分~21時(※営業時間は季節により多少変動します)  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 19:00Lunch

2013年08月26日

渋谷ヒカリエ・京洋食あかつき(旧:Kitchen よねむら)

今日は着付教室の1dayレッスンに申し込み。
その前に渋谷ヒカリエでTちゃんとランチしました。

Kitchen ヨネムラ改め“京洋食あかつき”さんへ。
ICON118あかつき定食“特製デミグラスハンバーグ”





ICON118Tちゃんは“自家製メンチカツ”

サラダの上には大徳寺納豆を刻んだものがトッピングICON35

お名前は変わっても美味しさは変わってませんface02  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 22:30Lunch

2013年07月17日

元本能寺跡・信長茶寮(しんちょうさりょう)

お昼ご飯は今話題のスポット?「信長茶寮」に行きました。


“織田信長と酒を酌み交わすことが出来る”

2013年6月2日(信長の命日)オープンICON35
元本能寺の跡地に建つコンセプトアミューズメント施設です。


ICON1182階のお食事処



ICON118焦土



看板メニューは「究極の湯漬け御膳(1200円)」と「最後の晩餐(4000円)」



信長公が好んで食べたといわれる湯漬けを目当てで訪れたのですが、メニューを見てみると、あたたかいにゅうめんが美味しそうに見えて来たのでそちらにICON61

ICON118本鴨ねぎにゅうめん



鴨肉のつくねがこりこりとしていて良い食感でした。


テーブルの椅子には「織田紋」が彫られていました。




ICON118地下1階の「龍の大墨絵」ICON85

気鋭の日本画家・柏原晋平作。


ICON118慰霊碑

安土城に奉れていたという、信長の身代わり石である盆山に見立てたものだそうです。


ICON118手水舎



ICON118湧き水

千利休が愛した名水〝柳の水〟


ICON118絵馬(“織田紋”と“いくさの子”)



ICON118献灯ロウソク

白(全勝)、赤(恋愛)、黄色(金運)のフローティングキャンドル。
浮かべている様子がなかなか素敵でしたicon12


ちょっとした腰掛けのテープルには「人生五十年・・・」の言葉が。



1階ではTシャツや手拭、扇子、文具などのグッズも販売されています。

ゆるキャラ?「のぶタマくん」

ゆ、ゆるすぎる〜ICON60


ショップカード代わりにこちらのコースター頂けますICON32



ICON118元本能寺跡 信長茶寮ICON118
住所・・・〒604-8216京都市中京区西洞院通蛸薬師上る池須町419-2
TEL・・・075-229-6777(代)
TEL・・・075-229-6787(飲食・イベントご予約)
定休日・・・毎週火曜日  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 14:00Lunch

2013年07月16日

東華菜館(とうかさいかん)

東京のSさんと大阪のAさんがランチのお約束をされているところに、
またまたわたくし、便乗させて頂きました(^_^;)
ほんといつも突然にすみませんicon10

ICON118北京料理「東華菜館」

四条大橋のたもとで一際目をひく建物の東華菜館ICON35

いつも気にはなりながら、
でも敷居が高そうでicon10
一人じゃ中華はなぁ〜icon10
ランチメニューないんだ〜icon10
ということで一度もお邪魔したことがなかったのですが、今回はAさんのご推薦でランチ場所になったそうで、私も楽しみに伺わせて頂きました。

Aさんはご主人様とよくいらっしゃってるそうですface02

おすすめは「水餃子」と「餃子」ICON60
量が結構あるとのことでしたので、どちらか一品ICON35
水餃子を注文しました。(写真なし〜face03)
8個入りだったので、なるほど、3人でも充分な程満足でしたICON63



ICON118その他の一品料理

揚げエビと胡瓜・椎茸の甘酢掛け、クラゲの酢の物、季節の野菜の炒め物

甘いもの、酸っぱいもの、辛いものの三品を上手くチョイスしたようでお箸が思わずすすみ、お腹もいっぱいになりました。
Aさん前回に続き、今回もご馳走さまでした。
恐縮ですっicon10


ICON118私達がお食事をした4階フロア

南座も真正面に見え、眺めもとても良かったです。


東華菜館の歴史
前身は、西洋料理店「矢尾政」。大正の頃よりビアホールブームが始まっており、大正13年、「矢尾政」二代目店主・浅井安次郎氏が新しいビアレストランをイメージし、その設計をウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏に依頼。大正15年に、このスパニッシュ・バロックの洋館が生まれました。その後、戦時色が深まる中、洋食レストランの存続が許されない状況になり、浅井安次郎氏はこの建物を中国人の友人・于永善に託しました。中国山東省出身の于永善は、大連で北京料理のベースである山東料理を修得して来日しており、ここで北京料理店を創業。昭和20年末、「東華菜館」が誕生致しました。尚「東華菜館洛北店」は、現店主・于純政が、平成5年にオープン致しました。
(HPより)


お食事された方には館内見学・OKだそうです。
私達もお食事後、4階→1階フロアをご案内して頂きました。

ICON118レトロなお化粧室



ICON118日本最古のエレベーター

1924年米国で製造、輸入されたOTIS製。格子形の蛇腹式内扉や時計針式のフロアインジケーターなど非常に珍しい器具が備わっている、現存する日本最古のエレベーターです。昇降は運転手による手動式であり、その操作盤・L字方向での二面開き扉等洗練された設計になっています。

4階から3階へ移動するのに、わざわざエレベーターでご案内下さいました。

昇降は手動式icon23
手慣れた手つきで従業員の方が操作されます。お見事ICON59

「ちなみに誤作動して途中の階で止めること出来ますか?」ICON33Sさん

というリクエストにも快く応えて下さって、階の途中で停止。
これまたお見事ICON59 さすがでしたICON100


エレベーター内の鉄の柵もレトロでおしゃれicon12

こちらお客様が(酔っぱらってicon10)触れられたりしても、危険防止の為、自動できちんとエレベーターがとまるのだそうです。


ICON1183階フロア



ICON1182階フロア



ICON118ヴォーリス氏設計の家具もいたるところに



ICON118四条大橋が良く見えます。

先日らくたびの若村先生のBlogを拝見致しましたが、7月10日の神輿洗の日にスタッフの方々とこちら(多分ひとつ隣りのお部屋)でお食事なさってらしたみたい。
いいですよねぇ〜。絶景の眺めだったことでしょうicon12
神輿洗(7月10日と28日)の時のこちらでのお食事、とってもお薦めですICON60
(勿論予約もいっぱいとのことでした(^_^;))


最後は階段にて1階フロアへ



ICON118傘預かりの棚も素敵です。



ICON118そして有名な玄関の“蛸のモチーフ”


ヴォーリス氏唯一のレストラン建築
存分に楽しませて頂きました。ありがとうございました。  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 15:30Lunch

2013年06月03日

京おばんざい&お茶屋Bar「豆まる」

今日は月曜日でしたので、またもやTちゃんとランチ待ち合わせしましたicon28
本日お邪魔致しましたのは京都絡みのお店「豆まる」さん。


ICON118テーブル席

世界遺産・京都天龍寺の堀壁をモチーフにしているのだそうです。


ICON118お座敷席


ICON118お座敷席からの中庭の眺め

その他にも和風バーカウンター席や個室があります。


ICON118豆まるの煮込みハンバーグ膳(1,500円)

京たまご茶乃月の出汁巻玉子の他、おばんざい三種ついていますICON60


ICON118本日のハンバーグ膳は豆乳トマトソースの煮込みでした



ICON118食後に豆腐アイス黒蜜かけ

お料理も美味しく、お店の雰囲気も良く、店員さんもとてもお優しい方で大満足ICON60


豆まるさんの目玉ともいえるプランICON35

東京にいながらにして、京都の芸舞妓さんと憧れのお茶屋遊びが出来る
【MAIKO NIGHT】~舞妓(マイコ)ナイト~というものも不定期で夜に開催されているそうです。
ご興味ある方は是非face02



先程お座敷席から見えていた庭園の方へ。

まさに都会の中のオアシスicon12
爽やかなお天気の中、沢山の方が寛いでらっしゃいました。


その後は着付教室へ。
本日は座学&着物や帯の反物を見せて頂く機会でした。

江戸小紋三役(鮫・行儀・角通し)・・
実際に触らせて頂き、色んな意味でとても勉強になりましたicon10


お高くて、いつも本屋さんでパラ見だったお着物関係の本ですが、
今回は珍しく購入してみることにface01

勉強あるのみですicon21
  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 19:00Lunch

2013年04月13日

Ryokaku

昨年11月15日にオープンされたという、原了郭経営のカレーのお店「Ryokaku」に寄ってみました。



ICON118明るい店内



ICON118メニュー

九条ねぎとり天カレーも魅力的でしたface05
が、オーソドックスにカレー(945円)を注文


ICON118サービスのパンと椎茸

カレー(マイルド)の粉とマヨネーズを混ぜてパンにぬったもの。
椎茸類をミックススパイスで炒めたもの。
どちらもとても美味しかったですICON61


ICON118カレー(ミニサラダ付き)

素材にこだわった数種の野菜と果物、Ryokakuオリジナルのカレーパウダーを使った身体に優しいフルーティーカレーだそうです。


ICON118数種のスパイス

お好みのスパイスをかけて頂く事が出来ますので色々と試してみました。

店員さんお薦めのカレーに黒七味ICON35
初めてかけてみましたが、これがまたなかなかGoodICON65
更にコクのある美味しさに変化しました。

  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 16:50Lunch