京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2014年12月09日

京都検定にむけて・その3

公式テキストが数年前に“増補版”に変更され、写真や図などが増え、
カラーのページなども追加されてとても見やすくなりました。

でもそれだけでは足りないとき、この書籍を参考にしています。

ICON118図説日本史
  かのS大明神から頂いたお品ですicon12
  中学・高校時代教科書の補足に利用していたものとそっくりICON35
  (というか、まさにそれICON35)私の御守り変わりのようなものです。

ICON118京都観光基本データ帖
  三大〇〇とか四大△△とか、五◇◇、六■■・・・・
  とても端的にまとまった本だと思います。
  テキストから拾いだすのも勉強のうちですが
  棚からぼた餅?、大学時代試験前に先輩から昨年の虎の巻をもらったみたいな?
  こうして一覧にしてあるものがあったら、手間も省ける。時間も省ける。


その他にもらくたび文庫などを参考にさせて頂いてます。

絵や写真等が盛り沢山で、コンパクトサイズなので持ち運びしやすい。
(時にはトイレにも持ち込んだりicon10きゃっface03)

文字だけが羅列してあっても、なかなか頭の中には入ってきづらいもの。
仏像や建物、庭園、宝物など実際に京都で見てくることが1番ですが
まずはこれらの本で写真を見て映像として覚えるICON35
それだけでもぐっと近いものになるのではと思います。


そしていつの日か京都で“ほんまもん”に触れる。

平面な文字が、色を伴った画像に変わり、それが立体的になって映像化する。
どんどん広がる京都ワールドicon12  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 17:00ひとこと