京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2014年07月24日

みつばちのかき氷

後祭巡行を楽しんだ後は、Sさんと集合し、あるものを目当てに出町柳へと向かいました。

甘いものはそんなに得意ではないSさんですが
「ここの“あんず”のものなら食べてみたいICON60 お付き合いするよ」
とのお言葉を頂いて、ご一緒に伺ったのはこちら〜

ICON118甘味処・みつばちさんです。



“あんみつ”で大変有名なみつばちさん。
そのあんみつにトッピングされているのがSさん大絶賛のあんず。
そしてそのあんずをふんだんに使った「あんずのかき氷」
ことりっぷにも掲載されていたみつばちさんのあのかき氷ですICON35

(ICON31ことりっぷさんの画像)


あ、でもお店に伺うとミニかき氷とセットのメニューもありましてね。
大きなかき氷にも惹かれたのですが、ところてんにもときめいたので、そのセットにすることにしました。


ICON118あんずかき氷とところてん(酢醤油)のセット・・・こちらSさん注文





ICON118ミルクかき氷とところてん(黒蜜)のセット・・・私注文





ミルク氷にところてんの黒蜜をかけてみたりしてface02

いわゆる黒蜜ミルク氷ですねぇ〜、ありありface02


ところてんと言えば勿論酢醤油派の私。
黒蜜で頂くなんて考えられないと思っていた私ですが、やはりこれも京都の文化ですものね。
一度は味わうべきだぁ〜と初挑戦してみました。

沢山黒蜜をかけてみましたが、う〜〜〜〜〜んicon10

(やっぱり私は酢醤油が好みだなっ(^_^;))


最後にお薦めのあんずも頂いて

とっても美味なあんずに大感激でしたICON60

今日も1日1かき氷ICON35
目出たく目標達成ですICON59
Sさんご協力ありがとうございました。


ICON118みつばちICON118
住所・・・京都市上京区河原町今出川下ル梶井町448-60
TEL・・・075-213-2144
営業時間・・・11:00~18:00
定休日・・・月曜・日曜  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 12:20かき氷

2014年07月23日

弥次喜多さんのかき氷

暑い中スタンプラリーを頑張った私にご褒美ご褒美icon06
本日も「1日1かき氷icon21」忘れていませんface02

今日お伺いしたお店は「弥次喜多」さん



2年前に購入した「京のつめたいもん」の本

その表紙カバーにも出ているかき氷を食べたくて参りましたICON35


ICON118店内の様子

町家の風情が感じられる落ち着いた空間です。


ICON118メニュー表

いっぱいのかき氷の種類に目移りしそうでしたがicon10
いやいや、ここは何と言ってもあの表紙のかき氷でしょICON35


ICON118白玉クリームミルク宇治金時(1,100円)

ひゃ〜〜〜〜器からこぼれんばかりの氷face08
あの本のまんま、まんまICON35素晴らしいお姿icon12

スプーンが氷に突き刺してあるのもすごすぎますface08

こちらが弥次喜多さんスペシャル“全部乗せ”のよう。
注文をとって下さった方が厨房の方にお知らせする際に
「オール(ALL)ひとつ」といわれてました。


ICON118かき氷アップ写真

たっぷりの抹茶蜜に練乳、そして小さな白玉団子が
そうですねぇ〜10個くらいは乗っていたでしょうかICON60

大サービスface05白玉好きにはたまりません。
こぶりなので、思わずぱくぱくといけちゃいました。


見て下さいICON35この中まで染み通った抹茶蜜

均等に抹茶蜜がかかっている氷の様子、美しすぎますface05


そして器の下の方にはじっくり煮込んだ丹波大納言小豆がびっしり

最後まで楽しませて頂きました。

アイスクリームに練乳。甘い要素はたっぷりですが
抹茶蜜が甘さを控えてあるので、さっぱりと大人な味でした。

お隣のカップルさんは宇治金時を頼んでらしたのかな。
途中で「練乳って追加してもらえます?」
と言ってらっしゃいました。

アイスクリーム、そして練乳あってこその完成品なのかなっと思ったり。
是非全部乗せの「ALL」お勧めしますICON61


私がお店に入ってすぐ、何やら店頭に人がいっぱい押し寄せて
物々しい雰囲気になりましたicon10
そしてこれより「入店ストップICON107」のお断りの言葉も。

「えっえっ、何事?」
と思っていたら、どうやら弥次喜多さんでロケが始まったよう。

高橋英樹さん、高橋真麻さん、長野博さん、TKOの木下さんが入ってらして
間近を通り過ぎていかれましたface05

スタッフの皆様含めお店の二階に上がって行かれ二階貸し切りでロケ開始。
ロケ現場の様子は残念ながら見えませんでしたが(一般客は一階フロア)
二階にかき氷が運ばれてくるとその大きさに皆様
「うわぁ〜」と歓喜の声をあげておられ、賑やかな様子が伝わって参りました。

ロケ現場に遭遇したこともとってもラッキーICON120なことでしたが、
入ったタイミングが良かった〜。
あと5分入店が遅れていたら、暫く氷にありつけないところでしたものicon10

お陰さまでロケが終了するまで、ゆ〜っくり涼ませて頂きました。

芸能人の皆様ってやはりオーラが違うなぁ〜と感心。
特に高橋英樹さま。さすがでございましたicon12
店主の方に「いや〜美味しかったよぉ。ありがとう」と最後にひとこと。

挨拶のお言葉も出で立ちも笑顔も“とっても爽やか〜”な方でしたface05



このロケの様子は2014年8月4日(月)放映だそうです。
水野真紀の魔法のレストランR


ICON118弥次喜多ICON118
住所・・・〒600-0000 京都府京都市下京区四条河原町下ル1つ目信号東入ル北
TEL・・・ 075-351-0708
営業時間・・・11:30~18:30(閉店19:00)
定休日・・・火曜(祝日の場合は翌日休)  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 17:15かき氷

2014年07月22日

抹茶庵やまぎしさんのかき氷

四条から河原町へと移動。
先輩にもう一軒お付き合い頂きました。

夏の京都に来たからには「1日1かき氷icon21
今年もチャレンジいたしまーすface02

二年前の夏に伺った際は一時休業中だった「抹茶庵 やまぎし」

らくたび文庫No.42 「京都おいしい甘味処」に載っていた
“レモンミルク白玉氷”

何としてもこれを食べたくて再度お邪魔しました。



先輩は“黒みつミルク”


もちもち白玉、レミン蜜の爽やかな酸味と甘みが最高でしたICON60



ICON118抹茶庵 やまぎしICON118
住所・・・京都府京都市中京区先斗町三条下ル
TEL・・・075-221-5298
営業時間・・・14:00~21:00
定休日・・・水曜・第3火曜・第3木曜
  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 19:20かき氷

2014年07月10日

マールブランシュ京都北山さんの「夏氷」

夏期限定「きらめき果実の夏氷」新登場ICON35


ICON118ダブルメロンの夏氷
税込¥1,404(本体価格:¥1,300)


二種類のメロンを贅沢につかい涼味溢れるかき氷に仕立てました。中にしのばせたパンナコッタと合わせるとぐっとミルキィな味わいに。






ICON118完熟マンゴーの夏氷
税込¥1,404(本体価格:¥1,300)


国産完熟マンゴーの下には、マンゴーソースたっぷりのかき氷とマンゴーシャーベット。フランボアゼリーやパンナコッタがスイーツのハーモニーを奏でます。





どちらも美味しそうな夏の果実のかき氷。
北山本店サロン限定のメニューだそうです。
  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 10:00かき氷

2013年07月17日

おたべ氷

京都逓信病院のあたりでKさんと合流。
あまりに暑かったので、おたべ新町店でかき氷食べましたface02


ICON118祇園祭限定・おたべ氷(400円)



丁度反対側になってますがicon10
あずきと白玉団子もトッピングされていますICON60


二人で一個頂きました〜。  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 12:10かき氷

2012年08月10日

甘党茶屋 梅園(うめぞの)

最後の締めは、やはりかき氷face01
「抹茶庵 やまぎし」さんのレモンミルク白玉氷を狙っていきました。
開店時間の14時を見計らってお店に伺ったのですが、一向に開く気配がないface08
たまらずお電話もしてみたのですが繋がらずface07

諦めて別のところに行きましたicon15

「伺ったことがないところに行きたい」主義なのですが、
もう帰りのお時間も迫ってきているし、近くの梅園へ行く事にしました。

こちらは以前にも主人と夏に伺ったことがあります。

今はなき「ぎゅくえん」さんに一番近いかき氷なのでは?
・・・と関谷江里さんもBlogで紹介されていたほどICON61

(ぎょくえんさん、昨年で閉店してしまわれたのですよねicon11
私もとっても残念に思っている一人です。)


「黒糖白玉・黒糖ゼリー(950円)」と「宇治金時白玉・抹茶ゼリー(900円)」

美味しい物は全部食べちゃうぞ〜とばかり欲張ってしまったのですが、
なんというか、氷本来の良さが微妙にわからなくなってしまってicon10
本末転倒face03
(あ、でもとても美味しいんですよicon10)

次はシンプルに氷を味わえるものにしてみようと思いますface02


ICON118梅園 河原町店ICON118
住所:京都市中京区河原町三条下ル山崎町234-4
TEL:075-221-5017
営業時間:10:30〜19:30  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 14:30かき氷

2012年08月08日

梅香堂(ばいこうどう)

たっぷりと汗をかいた後は、お待ちかねのかき氷face02
近くの梅香堂に行きました。
(というか、梅香堂に行きたかったからこの界隈を散策しているというのが正直なところですface03)


地域の方に親しまれてる甘味処という感じです。


氷のメニュー。

いっぱいありとても悩んでしまったので、若い店員さんにあれこれ聞いてみる。
すると中からわざわざおばさんが出てこられたので、私も他の方がブログで載せていた画像を見せて「これです。これ食べたいです」と。


私のお目当ての品はどうも「黒糖ミルク・・・」らしいicon06
ソフトクリームも有名という情報もあったので、それにソフトをプラスしてもらい「黒糖ミルククリーム」なるものを注文face02

こちらが念願の「黒糖ミルククリーム」(650円)


中にはこんなに沢山のソフトクリームが

ふわふわのかき氷とまろやかソフト。
かなりのボリュームだったので、これが私のお昼ご飯となりましたicon10

ICON118梅香堂ICON118
住所:京都市東山区今熊野宝蔵町6
TEL:075-561-3256
営業時間:10:00〜18:00
火曜日休み  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 12:15かき氷

2012年08月07日

祇園NITI

祇園界隈をてくてく・・どこかでお茶をしようということになり、それでは「かき氷」?face03ってことで祇園NITI(にち)へ行きました。

先日テレビで放映されていた為か?お店の前にはかなりの行列が出来ていました。
花見小路の細い路地にある隠れ家的カフェ&バーで、かつてはお茶屋として使われていたお店だそうです。

待つこと30分・・・・奥の個室に通されました。中庭には製氷機が置いてあり、いい雰囲気を醸し出していますICON61


淡雪awayuki/天然氷のかき氷+ミルク金時(1,200円)

ふわふわっの氷で中にミルクムースみたいなものと金時豆が入っています。

淡雪awayuki/天然氷のかき氷+季節の果実(1,200円)・・・今月はマンゴー。色鮮やかですね。


栃木県日光の氷職人さんの作る天然氷を使ったかき氷。雪のように軽く口溶けのよい味わいに、季節にフルーツを使った自家製ソースとコンポートの上品な甘さが引き立ちます。

ICON118祇園NITIICON118
住所:京都市東山区祇園町南側570-8
TEL:075-525-7128
営業時間:cafe11:00〜18:00、 bar19:00〜26:00

  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 17:15かき氷

2012年08月07日

茶寮翠泉

与謝野蕪村宅跡⇒大政所御旅所⇒ダイワロイネットホテル京都四条烏丸(写真のみ)を回って、2012年7月8日にオープンしたばかりという「茶寮翠泉(さりょうすいせん」に行きました。



そうICON35夏の京都にきたら「一日一かき氷ICON66」私の目標ですface02

店内はとっても落ち着いた雰囲気。



「抹茶あわ雪氷(980円)」抹茶とミルクが半分半分です。


こちら氷のアップ

氷に蜜をかける一般的なかき氷と違い、こちらは抹茶氷と練乳氷を削るというタイプ。
なので氷のどこをとっても均一、同じお味ですICON59

店内はとっても冷房が効いていたからなのか?最後まで氷も解けず、つぶつぶのまま残っていたので凄いicon12

暑くほてった身体をかき氷でキンキンに冷やして。
そしてお店を出た時、外の熱気にまたもや「暑っ」なんだけど、身体はひんやりのこの何とも言えないほわわん感ICON61
病み付きになりますface05


ICON118茶寮翠泉ICON118


住所:京都市下京区高辻通東洞院東入ル稲荷町521 京都高辻ビル1F
TEL:075-278-0111
営業時間:10:30〜18:00
定休日:不定休  


Posted by 芙蓉(ふよう)  at 11:50かき氷